2013年11月16日

東日本大震災からすでに 2 年 6 カ月を経過しました。ようやく復興のきざしが見えつつありますが、唐丹小白浜でもまだ多くの方々が仮設団地に住んで、復興の日を待っています。昨年 8 月のワークショップでは、唐丹小白浜の地形模型をつくり、唐丹小学校のこどもたちに将来のまちの絵を描いてもらい、そして 3 日目に、まちづくりについて皆で考えるシンポジウムを開催し、まちづくり宣言を発表しました。

今年は、町内会の呼びかけで、建築基本法制定準備会の有志を中心に準備をして、昨年同様に 3 日間の第 2 回唐丹小白浜まちづくり意見交換会を開催しました。

唐丹小白浜まちつくり意見交換会 報告書(PDFファイル)